お寺の梅の見頃。

  • 2018.02.28 Wednesday
  • 21:16

梅が咲くと、

春がそこまでやってきているのだなぁと感じます。

 

境内の梅がつぼみをつけました。

季節の移り変わりを敏感に感じて、花は正直に変化をしていきますね。

 

 

黄色の枝垂れ梅は満開で見ごろです。

何と言う梅かは出入りの造園屋さんに今度聞いてみます。

蝋梅で枝垂れというはあるんですかね。

 

夕方に撮影すると梅がとても綺麗に輝きます。

 

 

今年はお寺にある多くの樹木に説明書きを立てようと考えています。

 

ふと足を止める時間があることはとても大切です。立ち止まると気持ちも自然と落ち着きます。

そんな場所をお寺に少しづつ増やしていきたいと思います。

 

合掌

 

 

陽光院 春彼岸落語会

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 22:49

お彼岸は3月18日(日)にお寺の本堂で落語会を開催致します。

 


 

 

 

この落語会のキャッチコピーは『お墓参りの前に笑うか、後に笑うか』

 

笑いの癒しの力を借りて、故人との別れの悲しみが少しでも和らいでくれれば

という祈りをこめております。

 

 

 

 

 

とはいえ、もちろん純粋な笑いを求めてのご参加も大歓迎です!

普段は供養でしか入る事のない本堂にも上がれる良い機会ではないでしょうか。

どなたでもご参加出来ますのでぜひご予約下さい。
 

 


第2回目の開催は立川志獅丸さん・立川かしめさんをお招きしての一座です。

 

立川志獅丸さんは立川志らく師匠のお弟子さんで、

さがみはら若手落語家選手権にも優勝された若手実力派の噺家さんです!

 

 

 

 

平成30年3月18日(日)
午前11時〜12時(開場10時半より)
 

曹洞宗陽光院本堂

立川獅子丸・立川かしめ

無料

60名(予約制・自由席)

 

 

 


予約制となりますので申込フォームや電話などでご予約下さい。

 

電話:045-322-0565

申込フォーム:http://www.yokoin.org/higanrakugo.html

 

 

 

お寺の猫たち、その後

  • 2018.02.06 Tuesday
  • 23:10

約2年前、猫が大変多いという記事をブログで発信しました。

(詳しくは「プチ猫寺陽光院」へ)

 

以前は3匹の猫たちが陽光院に「食」を求め、毎日来ていたのですが、

最近はそれぞれが来たり来なかったりして、

淋しさと嬉しさが交差する恋愛中の乙女のような日々を送っている住職です。

 

節約のためキャットフードの質を落としたからでしょうか。

あまりに寒い冬だからでしょうか。

 

 

 

 

さて、少し前ですが、トラオが一匹の白い猫を連れてお寺にやってきた時期がありました。

 

 

 

アップすると「浄財」と書かれた賽銭箱の上に乗っています。

「私たちが浄財です」と言わんばかりの微笑ましい一枚です。

 

 

 

お付き合いをしていたのか、いつもベッタリで仲良い2匹でした。

でも2週間くらいすると白ネコはとんと来なくなってしまいました。

フラれたのでしょうかね…。

 

 

 

陽光院での縄張り争いも多く、他の猫がやってきてケンカをすることもあります。

野良は中々大変です。

 

 

 

 

合掌

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM