お盆の作法と、盆供養祭「施食会」

  • 2020.06.13 Saturday
  • 17:33

今年の夏も、亡きご家族やご先祖さまが帰ってくるお盆が訪れます。

 

意外と「お盆に何をすればいいの?」

という質問をお請けするので、ごく簡単に説明します。

 

まずお盆の期間は、原則「7月13日〜15日」です。

ただ、8月に行う地域もあるので要注意です。

 

ざっくりと、陽光院がある神奈川東部や、東京・千葉・静岡のお盆期間は7月13日〜15日で、

それ以外の地域は8月13日〜15日と言われています。

※お盆の最終日は7月・8月共に昔は15日でしたが、最近では16日とも言われています。

 

なぜ地域により異なるかということはこちらをどうぞ。

 

 

 

まず、お盆の初日、13日の夕方には迎え火を焚いて、

亡きご家族やご先祖様を自宅にお迎えしましょう。

 

亡くなった方々はお墓を通ってやってくると言われているので、

それまでお墓の掃除もしておくのが好ましいです。

 

 

お迎えした後は、ご家族が集まり、お食事などのおもてなしをしてご供養し、

僧侶よりお経を頂き、15日に送り火を焚いて終了となります。

 

3日間という短い期間ですが、見えない人を大切にする、古くから伝わる大切な私たちの営みです。

 

詳しいお盆のお供えや作法やなどについてはこちらをどうぞ。

 

 

 

 

 

また、多くのお寺ではこのお盆前後に「施食会(せじきえ)」というお盆の供養祭を営みます。

自宅の供養と共に、故人やご先祖さまへの盆供養を懇ろに執り行うのです。

 

 

 

 

 

陽光院ではお盆の供養祭としての「施食会」を毎年7月10日に行っています。

檀信徒の皆さまには事前に郵送にてご連絡させて頂いております。

 

 

 

 

 

当日は僧侶が20数名も会し、とてつもないパワーの供養を施す慣わしなのですが、

今年度は新型コロナウィルス感染予防を第一に考えて、僧侶のお招きを減らし、また参列者を募らない形にならざるを得ませんでした。

このような状態ですが宜しければご供養のお申込下さい。

http://yokoin.org/sejikie.html

 

 

 

伴って、今年度はYOUTUBEにてライブ配信をする事にもなりました。

御自宅で御参列、お手合わせ下されば幸いです。

 

初めての試みで、設定をいろいろしていますが、中々大変です。

ハマ葬儀社の方と色々打ち合わせをしながら頑張っています。

当日は2カメラと法要の解説を入れながら、見ている方の「供養の気持ち」を途切れさせないよう努めます。

 

 

 

 

尚、本堂前にはテントを出して、焼香台と中継テレビも設置しますので、ご希望の方はご焼香下さい。

ただ、外で暑さが予想されますので、当日の体調を充分ご考慮していらして下さい。

 

 

何はともあれ、大切な方をさみしくさせないお盆にして頂ければ住職冥利に尽きます。

ちなみにこんなお盆のマンガがとても胸を打ちました。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/14/news039.html

 

合掌

 

坐禅会 令和2年6月度中止のお知らせ と一休さんのお話

  • 2020.06.01 Monday
  • 15:45

6月7日(日)に予定しておりました、6月度の坐禅会も中止とさせて頂きます。

 

7月は通常通りお盆でお休みとなりますので、次回は8月30日となります。

3ヶ月近く間が空いてしまい、大変心苦しいところですが、このような状況下でございますのでご理解頂ければ幸いです。

 

 

 

何だかこのブログも毎回中止のご案内ばかりで忍びないので、何か小話でもと思います。

一休さんのお話をします。

 

上の言葉はとんちで有名なあの一休さんの言葉です。

一休さんはテレビアニメで一度は見たことや聞いたことがあると思いますが、

意外と知られていないのが、この一休さんは実在の人物で、室町時代に活躍された臨済宗の僧侶という事です。

肖像画

 

名を一休宗純と言い、アニメの一休さんはの幼少の頃の逸話や故事をまとめたものと言われています。

「このはしわたるべからず」という橋の前の立札を見て困っている大人を尻目に、

橋の中央を堂々と渡ったという話は皆様の知る所でしょう。

 

 

実は一休禅師は亡くなる直前に弟子達を呼び、

「この先、私が亡くなった後、本当に困った時にだけこれを開けなさい。それまでは絶対に開けてはならない」

 

と巻物を渡し、亡くなったと言われています。

 

 

それから数年後、寺の存続が危ぶまれる危機が訪れ、

右往左往していた弟子達は一休禅師が残してくれた巻物をはたと思いだし、それを開きました。


そこに書かれていたのが「大丈夫 心配するな 何とかなる」の言葉だったのです。


弟子たちはそれを見て笑ったか安心したか、その後、見事に問題を解決したと言います。

 

 

 

 

我々の人生には家庭や仕事にと誰しも大なり小なり困難や危機が訪れます。

そういう時私たちは不安にかられ、焦り、時には人に当たり散らすような日々を過ごします。

 

そんな時、一休禅師の「大丈夫、心配するな何とかなる」との言葉は不安な状態から脱し、ホッと平静に立ち返ることが出来る力があります。


そして、「何とかなる」と腹をくくった時にこそ、

問題に立ち向かい今やるべきことは何かと、ベストを尽くすことが出来るのです。

 

 

 

 

「大丈夫、心配するな、何とかなる」

 

不安は結局のところ自らの心が生み出しているのです。だからこそ不安を取り除く事が出来るのも自分だけなのです。

この言葉を常に心に携え、世の荒波をスッとかわしていきたいものですね。

 

 

合掌

 

坐禅会 令和2年5月度中止のお知らせ

  • 2020.05.10 Sunday
  • 21:04

5月に入りましてもコロナウィルスは脅威のままです。

自宅にいることを推奨されて早一ヶ月ほどが立ちますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

お亡くなりになられた方々へは切にご冥福をお祈り申し上げると共に、ご遺族の方々におかれましては哀悼の意をさせて頂きます。

 

 

 

陽光院でも坐禅会の自粛を5月度も致します。

何卒宜しくお願い致します。

http://yokoin.org/zazenkai.html

 

 

6月は今のところ予定通り7日(日)を予定しておりますが、

こちらも政府・神奈川県の指針により、開催の可否を決定致しますので、

またWEBブログ等でお知らせ致します。

併せて宜しくお願い申し上げます。

 

 

オンライン坐禅会というものも考えてはみたのですが、他の寺院対策等に時間が取られ中々難しそうです。

ご興味ある方は「オンライン坐禅会」と検索頂ければ、

ずらりとヒットしますので、ぜひ一度試してみては如何でしょうか?

 

 

合掌

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM