焼香の仕方 曹洞宗

  • 2017.02.04 Saturday
  • 18:08

法事や葬儀で我々を悩ませる「焼香」

 

 

 

 

宗派により作法もさまざまで「これであってるのかな」と終始ドキドキしてしまい、

心ここにあらずの焼香をしてしまう人も多いかと思います。

 

ちなみに、こちらが宗派別の簡単な焼香作法一覧です

 

 

 

焼香はケガレを取るとか、死者の食べ物になるとか諸説ありますが、

何はともあれ、故人様へ祈りを捧げる供養方法の一つです。

 

供養だからこそ、慌ててしまう心あらずの焼香は避け、

大切な人へ気持ちを確かに伝えるお焼香をしてほしいと、司祭者としては切に願うばかりです。

 

 

そこで、「気持ちを確かに伝えるためのお焼香作法」と題し、

当寺の宗派である曹洞宗のお焼香作法をまとめてみました。

 

 

 

 

 

「曹洞宗のお焼香のポイント」

 

・焼香は2回 

・1回目は押しいただいてから炭にくべて、2回目はそのまま炭にくべる

・1回目の焼香は「主香」といって祈りの焼香

・2回目の焼香は「従香」といって香りが長持ちするように加える焼香

 

 

 

 

 

 

 

〇歌鷦圓悵Щ

 

 

∋丙彈圓悵Щ

 

 

焼香台の前に立つ

 

 

す臂鍵賣

 

 

ケ手で抹香をつかむ

 

 

手をかえす

 

 

 

С曚鵬,靴い燭世い毒阿犬

 

 

 

炭にくべる

 

 

 

2回目は額に押しいただかず、

そのまま炭にくべる

 

 

 

祈る

 

 

 

合掌一礼

 

 

 

僧侶・参列者へ一礼

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

焼香を一つマスターするだけで、不思議と仏事が怖くなくなります。

 

あまり良い譬えではないのかもしれませんが、

高級レストランのマナーと一緒です。

マナーが分からないとドキドキしてしまって心から食事を楽しめない。

仏事の作法が分からないと故人様への祈りが心から行えない。

 

 

仏事は他にも色々な作法がありますが、

招かれる法事や葬儀でしたら、焼香の仕方と数珠の持ち方をマスターしておけば充分でしょう。

 

 

ぜひ良い供養をお営み下さい。

 

合掌

 

 

 

 

 

参考までに数珠の持ち方も掲載しておきます。

 

●通常の持ち方

●合掌の際の持ち方

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM