花まつり(お釈迦さまの誕生日)

  • 2018.04.07 Saturday
  • 12:21

4/8はお釈迦さまの誕生日です。

 

 

お釈迦さまは今から約2500年前にお生まれになりました。

諸説はありますが、今年で2481歳です。

 

実際、お釈迦さまは80歳でお亡くなりになられましたが、

その存在や教えは脈々と生きているからこそ、お釈迦さまの誕生日を仏教ではお祝い致します。

 

 

 

さて、そのお祝いの仕方ですが、これが非常に独特です。

まずは花御堂(はなみどう)というお堂を作ります。

 

これは、お釈迦さまがお生まれになったルンビニ園という花園をイメージして作られます。

 

 

 

 

 

御堂の中にはお生まれになりすぐに7歩歩いて、

空と大地を指さして「天上天下唯我独尊」と仰った故事に由来した仏像を安置します。

 

そして甘茶をかけてお祝い申し上げます。

 

なんで?

とみなさんが一番思う所ですが、

お釈迦さまがお生まれになられた時に2頭の竜が甘い雨を降らして祝福したという故事にならっています。

 

そしてこの甘茶を飲むと一年無病息災という信仰もあります。

 

 

 

また、子どもにこそお寺に来て祝って欲しいなということで、お釈迦さまバルーンも安置しています。

バルーンアーティストの中島久美さんに作って頂いた特注品です!

おしゃかさまバルーンと一緒に写真を撮りましょう。

 

 

陽光院では平成30年は4月7日(土)8日(日)の9時〜17時の間で花御堂とおしゃかさまバルーンを安置してお祝いします。

子どもにはお釈迦さまからありがとうのお菓子の詰合せと、大人には甘茶の飴のプレゼントもあります。

ぜひ足をお運びください!

合掌

お寺の落語会、当日。

  • 2018.03.28 Wednesday
  • 14:17

3月18日のお彼岸の入りに落語会を開催致しました。

 

 

なぜお寺で落語会?と言われる方もいらっしゃいますが、

大切な方を亡くした悲しみを、笑いの力で少しでも和らげてくれれば

という思いがあります。

 

 

 

お墓参りは、早い人はお線香をあげて花を供えてサササーっと5分程で帰ってしまいます。

せっかくお寺に来たのだからゆっくりして頂きたいなという思いもあります。

また、お墓参りの習慣が無い方も落語があるから行こうかなとなってもらえれば、住職冥利にも尽く訳です。

 

 

さて、そんなお寺で行う落語会「陽光院春彼岸落語会」の当日の模様を報告致します。

 

 

今年はお二人もの落語家さんのお招きが叶いました。

前座の立川かしめさん

 

「子ほめ」という落語をご披露頂けました。

住職の友人にお顔が似ていましてちょっと親近感です笑

 

 

続いては二つ目の立川志獅丸さん

「引っ越しの夢」と「蝦蟇の油」をご披露頂けました。

一つ目の噺のみ住職は聞く事が出来たのですが、情景がまざまざと目に浮かぶさすがのお話ぶりでした。

 

 

 

 

 

当日は約60名ものご参加を頂き、誠に有り難く感じ入ります。

来年も開催を致しますので、ぜひまたいらして下さい。

 

一つ課題があるとすれば、昨夏に植木の剪定をしたため、逆光で観づらかったですね…。

来年は屏風をきちんと用意します。

 

 

 

最後にお二人と記念写真をパチリ。

住職と他4名の距離が多少気になりますが、こちらがみんな笑顔のベストショットです。

 

合掌

 

震災慰霊供養

  • 2018.03.10 Saturday
  • 22:20

平成30年3月11日(日)17時45分頃より陽光院本堂にて、

東日本大震災物故者への供養を致します。

 

供物も後席も無い、20分少々の小さなご供養となりますが、どなたでもご参列出来ますのでお時間合う方はぜひいらして下さい。

当然お布施など頂きません。

 

 

当日は17時30分過ぎまで坐禅会ですので、17時35分以降に本堂に直接お上がり下さい。

勿論、坐禅会にご参加頂いての引き続きのご参加も歓迎です。

 

 

 

合掌

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM